2016

05.10

新宿から日本文化を発信中!「BEAMS JAPAN」に行ってきた

こんにちは。比惠島です。
比惠島アイコン_微笑

本日は、2016年4月28日に新宿でオープンした
BEAMS JAPAN」に行ってきました!

IMG_5172
BEAMS JAPANとは?

日本のセレクトショップの先駆けとして、世界中の優れものを紹介してきたBEAMS。
創業から40年を迎えた今年、”日本”を切り口に、その魅力を発信するために新宿にお目見えするショップが、新生「ビームス ジャパン」です。ファッション、工芸・民藝、アート、サブカルチャー、食など、多種多様なモノたちがジャンルを超えて一堂に会する場所。眺めてみれば、日本のものづくりが見えてくると言っても過言ではありません。「ビームス ジャパン」で日本を旅しませんか?(店頭パンフレットより)

ちなみに比惠島はコンサバ派 なので
BEAMSでお洋服を買ったことありません。。。
でも大丈夫。

BEAMS JAPANは洋服だけじゃない!

BEAMS JAPANの「おもしろい!」その①
提灯×47都道府県をイメージしたロゴ

b_1
BEAMS JAPANビルの正面の提灯たち。↑拡大図は北海道をイメージしたロゴ

大阪〈秋村泰平堂〉の提灯には、デザイナーの豊田弘治さんが考えた、47都道府県とBEAMS創業の地である新宿をアイコン化したロゴデザインが描かれている。

「提灯は、基本的に誂えるもので、自由に好きな絵や文字を乗せられる。これを機に本来の提灯文化も知ってもらえたら嬉しいですね」(秋村さん)

「ビームス ジャパン」が提案するのは、商品だけでなく、その背後にある日本のカルチャーでもある。(店頭パンフレットより)

ビルの1Fは「日本の銘品」フロア。
168570
出展:http://www.fashion-headline.com/article/2016/04/27/14346.html

b_2
このロゴが各商品の横にあるので、どの県の特産品か一目でわかっちゃいます!

細部のこだわりが良いですよね

比惠島アイコン_微笑_背景透明_ほっぺ

BEAMS JAPANの「おもしろい!」その②
カオス東京の今を伝える〈トーキョー カルチャート byビームス〉

IMG_5218

4F「日本のポップカルチャー」フロアにはサブカルな雑貨や書籍がずらり!
立ち読みもできます。

IMG_5217
比惠島が手にとったのはこちら。
「カオス絵日記」

20160510063821
チラ見…

【カオス絵日記】とは、著者パントビスコが2013年6月20日からライフワークとして毎日書き続けている日記である。2016年4月現在、1,000日目を突破、継続中。

黒鉛筆書き部分の著者が日常で起きた様々な出来事を絵日記へ記入後、赤ペン部分の”先生”がクセのある添削をする、というところが大きな特徴。(「カオス絵日記 その1」はじめに)

20160510064338
チラ見…

600円か…

比惠島アイコン

買おう…

比惠島アイコン

20160510064719

あっサインつきだ!

比惠島アイコン

こちらはラス1でした。今後、補充されると良いですね!

著者のパントビスコさんはインスタグラムツイッターで「カオス絵日記」のほか「乙女に捧げるレクイエム」「1コマファンタジー」などを連載する人気クリエイターさんだそうです^^

be0a25252770a9f3
出展:https://twitter.com/pantovisco/media

というわけで

BEAMS JAPANは日本の伝統文化からサブカルまで楽しめる、素敵スポットでした!

BEAMS JAPANをもっと知りたい!
スクリーンショット 2016-05-10 19.02.54

http://www.beams.co.jp/beamsjapan/index.html

 

「有限会社 秋村泰平堂」の提灯をもっと知りたい!
20160510070904

http://chochin.net/home.html

デザイナー「豊田弘治」をもっと知りたい!
20160510071205

http://www.sora-umi.com

クリエイター「パントビスコ」をもっと知りたい!
20160510071555

https://twitter.com/pantovisco/media

 
▼BEAMS JAPANその他の記事はこちら

この記事のURLをコピーしました
120 121 122 123 124